生活に困ったら速やかに生活保護申請を!手続きの流れを紹介

生活に困ったら速やかに生活保護申請を!手続きの流れを紹介

借金があっても生活保護申請は可能

電卓と人形

昔なら借金をしていると何かと世間の目を冷たく感じることがありましたが、昨今では多くの人がさまざまな理由で借金をしています。若い人たちの間ではカードローンやキャッシングなど小口の借り入れをしている人も多いです。また、最近はフリーローンなども利用する人が増えています。しかし、どんなに少額の融資でも借りればそれは借金になりますので、当然のことながら返済のことを考えなければなりません。

普通に生活を送ることができなくなってしまい、しかたなく借金をするというケースも今の社会状況では十分にあり得ます。こうした借金の返済に追われながら、毎日の生活を送ることが難しくなってしまうという人も少なくないでしょうか。普通に生活ができないときの救済措置として、国が定めた生活保護申請という手段があります。この場合、借金を抱えているので、生活保護申請などできないのではないかと諦めてしまう人もいるようです。

しかし、条件を満たせばいくら借金を抱えていても、生活保護申請はできます。その条件というのは債務整理をすることです。債務整理で借金を帳消しにするか、あるいは減額することが一番の条件になります。今の時代は債務整理で借金の負担を減らす人も多いです。